「和紙ちぎり絵」夏の新作


5月も後半に入り、夏の訪れが近いことを感じる今日この頃。

「介護施設レクリエーション研修」を修了した横山先生が担当する創作系レクリエーション
「和紙ちぎり絵」夏の新作をご紹介します。

「和紙ちぎり絵」は、とても簡単な教材を使います。

和紙に印が書いてあるので、そこをちぎったり、ハサミで切ったりして糊を付け、
お手本を見ながら色紙に貼っていきます。

和紙をちぎることで指先に刺激を与え、色や形を認識して何処に貼るかを考えるので、
脳トレにも良いと考えられています。

横山先生は、「絵を完成させるというよりは、楽しみながら行えるリハビリの一助になればと思っています」
とおっしゃっています。

おひとりでの制作が難しい方も、先生がお手伝いいたします。

7月におすすめの作品「はまなすのある海辺」

8月におすすめの作品「コスモス」

「和紙ちぎり絵」にご興味のある施設様は、お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

関連記事

  1. 篠笛
  2. 心を伝える絵手紙教室
  3. みんなで楽しく!はじめての英語教室
  4. お砂糖の工芸 シュガークラフト
  5. 穏やかな時間を分かち合うアイリッシュハープセラピー
  6. 至福のパーソナルエステティック
  7. 本格アロマのハンドマッサージ
  8. エレガンスクレイフラワー教室

この記事を書いた人

エブリ・プラス
エブリ・プラス
福祉施設レクリエーションアウトソーシングサービスを行っております、エブリ・プラスです!日々の忙しい業務の中で、より良いレクリエーションを提供したいと願う程、どうしても時間がかかってしまうレクリエーション。 施設の想いを形にするレクリエーションを共に目指します。

ライターリスト

  • エブリ・プラス
  • 池田ユリ
  • 中村ユウコ

お知らせ

PAGE TOP