えぶりプラス愛知は300種類の豊富なレクリエーションを企画・提案・代行して介護施設のレクリエーションをコーディネートいたします

COLUMN

コラム

「介護レクスキルアップアップ講座」レポート

11月21日(土)に、外部から介護施設にてレクリエーションやイベントを提供する方向けの、「介護レクスキルアップアップ講座」を行いました!!

 

講師は、弊社のレク担当の向です。介護福祉士でもあり、ドッグセラピスト15年目の向は、計2,000回以上現場にてレクリエーションプログラムを提供しています。

今回は、コロナの影響含め急遽不参加となった方もみえましたが、音楽・創作・イベントパフォーマーなど、現場経験がある方8名にお集まりいただきました。

 

▼参加者アンケート内容▼
  • 「今まで自分たちが思いつかなかった他分野からの意見が参考になった」
  • 「皆さんの生の声を聞けたこと、自分自身の課題を考えられたこと、お互いにどうしたら良いかを出し合ったりと、とても有意義な研修でした!」
  • 「向さん、あっという間に時間が過ぎてしまう素晴らしい講師さんでした!」

 

「次回も参加したい!」というお声も多くいただきました。

 

▽アイスブレイクの座学中の写真▽

それでは、早速プログラムの詳細です!
まず自己紹介からスタート。
そして初めてお伺いする施設での、プログラムスタート時の課題について、それぞれ発表をしていただきました!
初めてお伺いさせていただく施設さんで、急に自分のプログラムを提供することは簡単ではないです。

 

▼プログラムスタート時の課題例▼
①興味・やる気の度合いに個人差がある
②準備中の利用者様への対応
③コロナで距離をとる必要があるが、コミュニケーションはしたい…
④【音楽系】当日参加をしている利用者様がどんな好みか分からない
⑤【音楽系】リクエストされた曲ができない時

 

様々な課題が出てきて、そこからそれぞれが試した解決策や自身の事例をシェアしていただけました。
その後、向からアイスブレイクの技術についての座学を行いました!

最後にそれぞれが、それを踏まえたプログラムを考えて発表して終えました。
「他の方の“失敗や実践のシェア“により皆様自分に持ち帰られることも多く、人の失敗を先に知り模擬体験することで、似たような問題に当たった時に対応がしやすくなるのでは…」と感じました。

 


次回の「介護レクスキルアップアップ講座」開催は1月16日(土)です。

内容は、前半「向のおもしろ座学~認知症編~」後半は「介護レクディスカッション」「レク導入部実演会」を予定しています!!

定員12名で、既に参加希望の方もみえますので、お早めにご連絡頂けますと幸いです。詳細はまた後日お知らせいたします。
ぜひご参加お待ちしてます!

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT

[ TELEPHONE ]

050-5306-7767

営業時間:10:00~18:00