ブログ

パートナー登録の方法に関するよくある質問「Q&A」


パートナー登録に関するよくある質問事項をまとめてみました。
その他、ご不明点はお気軽にお問いあわせください。

Q依頼時の謝礼は?
Q提供時間は?
Q1つの施設で定期的な開催なのか、異なる施設に行くのかどっち?
Qあまり遠くへは行けないのだけど、、、
Q交通費や材料費はもらえるの?
Q介護施設だけの開催?
Q 介護施設と言っても色々あるけど、どんな介護施設でどんな人が参加する?それに、自分の提供したい内容のニーズがあるかわからない
Qどうしたらパートナー登録できるの?

Q依頼時の謝礼は?
Aパートナー様のスキルや、施設さまからの依頼内容、人数などによって2,000円-30,000円と幅広いので一概にはお伝えできませんが、パートナー様がご納得頂いた場合のみ、ご依頼を受けてもらう形になります。

Q提供時間は?
A30分から1時間程度と内容や依頼によって異なりますが、平均40-60分程度の開催です。

Q必ず仕事の依頼はもらえるの?
A仕事の依頼を約束するものではございません。
パートナー様が増えることが、弊社の事業拡大には必須なので、良い内容を提供してくださるパートナー様には多くご依頼をさせていただきます。現在は常時100名程度のパートナー様が活動していただいており、多い方は月10-15回程度開催をいただいております。

Q1つの施設で定期的な開催なのか、異なる施設に行くのかどっち?
A週に1回等定期的に同じ施設様で開催をしているパートナー様もいますが、毎回、異なる施設で開催をしているパートナー様もいます。

Qあまり遠くへは行けないのだけど、、、
業務委託契約となり、強制はできないので、開催施設、金額、日時など、全ての依頼内容に納得頂いたものだけを受けてください。

Q交通費や材料費はもらえるの?
Aレクリエーションを開催するのに必要な材料費は登録時にご相談頂き、弊社が認めたもののみ可能です。
また、依頼時に材料費の記載がある場合は、お支払い可能です。
交通費は含まれていますが、場所によっては別途支給させて頂く場合もございます。

Q介護施設だけの開催?
A介護施設を専門に行っていますが、障がい者施設、保育園、スポーツジム、カルチャー教室等からも依頼を頂き開催をさせていただいております。その際は登録パートナー様に依頼相談をさせて頂きます。

Q 介護施設と言っても色々あるけど、どんな介護施設でどんな人が参加する?それに、自分の提供したい内容のニーズがあるかわからないのですが?
A介護の施設では、様々な現場が想定され、できる限りあらゆる現場で喜んでもらえる対応力とアレンジ力が必須です。

一例
「平均介護度2の10名の施設」
「〜介護度5のまで混ざっている10名の施設」
「〜介護度5のまで混ざっている50名の施設」
「介護度3〜5の10名と言っていたのに20名の介護施設」
「個別対応の1名ずつ」
「重度認知症ばかり、混ざっている」
「できる人とできない人との差が激しい」
「スタッフのサポートがある、ない」

しかし、どんな現場でも全てのレクリエーションが受け入れてもらえるわけもなく、ご自身で、開催できる施設、出来ない施設を判断、提案し、プログラムをアレンジしながら対応しなければなりません。

より、自身のスキルを高めるためには、レクリエーション介護士検定を受ける、レクリエーション勉強会によりこの部分を学んでいただき、介護の現場にとって本当にニーズのあるレクリエーションの開催ができる力を身につけて頂くことで、より必要とされるパートナー様となっていくのかなと思います。

Qどうしたらパートナー登録できるの?
Aパートナー登録までの流れは以下です。
1パートナー募集要項より、申し込み。

弊社の審査により、面談可能な方のみご連絡。

合同説明・登録会に参加

詳細
2019年1月以降の合同説明・登録会の日程はこちら

会場
名古屋駅より徒歩10分
面談可能な方のみ詳細お伝えします。

パートナー申し込みフォーム

ご不明点などあれば、info@everyplus.jpまで。

関連記事

この記事を書いた人

エブリ・プラス
エブリ・プラス
福祉施設レクリエーションアウトソーシングサービスを行っております、エブリ・プラスです!日々の忙しい業務の中で、より良いレクリエーションを提供したいと願う程、どうしても時間がかかってしまうレクリエーション。 施設の想いを形にするレクリエーションを共に目指します。

ライターリスト

  • かふぇじゃず
  • エブリ・プラス
  • 池田明代
  • 池田ユリ
  • kita2
  • 毛利由美子
  • 中村ユウコ
  • 野上聖子
  • 佐藤亜以
  • sawazaki
  • 裕嗣高柳
ページ上部へ戻る