勉強会内容のレポート vol 1 座学 テーマ「介護とレクリエーション


記念すべき、初回開催は少人数での開催でした。

「介護の歴史と仕事と介護施設でのレクリエーションの目的や内容について深める」というテーマでの開催。

進行者が、介護を従事した経験がないため企画段階では不安もありましたが、進行者が持ってきた知識と題材を基にそれを伝え、事前の最低限の知識を身につけた上で、進行者の考え方を提示し、
「みなさまはどう思いますか?」のような進め方で行いました。

介護施設を知らないパートナーさん、長く施設に勤めてレクリエーション経験が多い方、管理職の方など、どなたでも参加し、それぞれの立場からの考えを揉めたら、もっとそれぞれが面白いと感じる会になると感じました!

これはこれでとてもよかったですが、半年後には100人とは言いませんが、10人くらいコンスタントに様々な立場の方が参加して、そして参加よかったと思える取り組みに発展できるよう頑張ります。
 

内容
介護の歴史
レクレーションの歴史、レクリエーションの目的
スタッフにとってのレクリエーション(あるブログを題材にして)
介護スタッフとレクリエーションをやる方の違いは?
なんで現在折り紙とか童謡とかのレクリエーションをやっているか?
本物を取り入れる?
本物の定義は?
レクリエーションで注意すること
レクリエーションのコツ
ミニレクリエーション紹介
1 風船仰ぎ
2 新聞輪回し

出た意見
参加者にどんなレクをやりたいかを聞く
参加者を巻き込む
スタッフさんも楽しんでいてくれていることが大切
評判が良い人を真似る、コツをきく、他を知る
お客様に「こんなことに気をつけてやっていたけれど伝わってましたか?」と意見を聞く。
持っていかれないよう、そこにいる誰よりもテンションを高くする

次回は来週、12日18時30分〜

開催されるレク発表会です。
他の人のレクのコツをパクれたり、自身のレクをブラッシュアアップ
してもらえたりできる良い機会かと思います!

今までクローズ開催してたレク発表会の様子

詳細申し込みは以下より

この記事を書いた人

エブリ・プラス
エブリ・プラス
福祉施設レクリエーションアウトソーシングサービスを行っております、エブリ・プラスです!日々の忙しい業務の中で、より良いレクリエーションを提供したいと願う程、どうしても時間がかかってしまうレクリエーション。 施設の想いを形にするレクリエーションを共に目指します。

ライターリスト

  • かふぇじゃず
  • エブリ・プラス
  • 池田明代
  • 池田ユリ
  • 中村ユウコ
  • 野上聖子
  • 佐藤亜以
  • 竹内綾
PAGE TOP