初めまして


えぶりプラス 佐藤です。

昨日は 中村仁一先生の《大住生したけりゃ医療とかかわるな》の講演会に参加してきました。

《食べ物が食べれない事、自分でトイレが困難な事、、、、これらは寿命なのではないか、自然の原理に逆らっているのではないか》ズバっとした内容で、出来れば考えたくない《死》という内容に関して深く考えさせられました。

自分がどのように《逝きたいか》《生きたいか》によって医療や介護との関わり方を考えるこべきだなと。

私の祖父も胃瘻をしてもう3年になります。90歳です。一昔前ならばきっと死亡していたに違いありません。私が誰かもわかりません。祖母は毎日お見舞いに老人ホームにいきます。あと何年この調子なのかな。このような《生き方》を祖父は望んでいたのかな、

とても大きな問題だとは思いますがこれからの自分の考え方を築くとても良い機会になりました。10411339_239066996286395_2020497996472333119_n

 

 

関連記事

  1. 同業者さんと情報シェア
  2. 大人の小学校 【国語】
  3. 素敵な仲間
  4. お得情報
  5. 勉強になる時
  6. 腰痛、身体の悩みを抱えた方へ オススメサイトの紹介
  7. レポ【ピアノと歌のコンサート】スタッフさんも叫ぶほどの、、、
  8. 新しい企画思案中〜

この記事を書いた人

エブリ・プラス
エブリ・プラス
福祉施設レクリエーションアウトソーシングサービスを行っております、エブリ・プラスです!日々の忙しい業務の中で、より良いレクリエーションを提供したいと願う程、どうしても時間がかかってしまうレクリエーション。 施設の想いを形にするレクリエーションを共に目指します。

ライターリスト

  • エブリ・プラス
  • 池田ユリ
  • 中村ユウコ

お知らせ

PAGE TOP