一瞬の選択の今


 

先日24時間弾丸で香港に行った際、とても偶然に素敵な出会いがありました。
用事のために、通訳をお願いしたかった方が予定があって無理ということで、知人を紹介すると言って初めてお会いした方。
もちろん、お互い何の仕事してるとか何人とか知らないで初めて会った。

話してると、香港人だけど、日本語もペラペラで、私とは違って輝やかしい実績があったうえでだけど、香港で日本インバウンド事業と日本企業の海外展開支援事業を立ち上げたばかりで、しかも名古屋が大好きで、名古屋の委託事業として香港で名古屋をPRする活動を行って香港初の名古屋本の出版なども行っている年も近い向上心溢れる女性。

http://www.aaj.com.hk/blog

私はノープラン人間なので、多分彼女もそうだったので、話しもお互い気が合って、そのまま1日一緒に過ごすことに。

 

最高な時間になった!

実績の乏しい私が何を言っても説得力にかけるけれど、私の人間力向上=事業拡大だと信じている。だから私にとってはずーーっと仕事でありプライベートであり、全部が自分の人生のつもり。

反省だらけですが。

ダメな自分や、理想とはかけはなれた自分、過去のことを笑って話せるようになったのは今の自分に多少自信がわいたから?またはダメな自分のことも受け入れられるようになったから?

他人の評価基準だと、現在の状況によって、過去は輝かしいものになったり、否定されるものになったりしてすごく曖昧だよねー

なんて女子トークを、ノンストップで6時間くらい。デパートの地下で缶ビール買って飲みながら、つまみはデパ地下の試食で。
こんな感性のまま生きれる自由にとても幸せを感じた。

いつも自由ですが一層。

fullsizerender

 

 

そしてこのBY浜崎あゆみのインスタグラムのこの言葉が大好き。

img_2266

病んでませんよ。多分、こういうどうしようもないこと考えるのが好きな人。

 

 

関連記事

  1. 反面教師
  2. 【感想】レクリエーション介護士2級を受講して
  3. 腰痛、身体の悩みを抱えた方へ オススメサイトの紹介
  4. 敬老の日
  5. デンパークにてサンタクロースごっこ
  6. 尾木ママ講演会 共感〜
  7. 新たな案を探しに
  8. 新体制のご案内。施設利用者に生きがいを提供するレクリエーションの…

この記事を書いた人

エブリ・プラス
エブリ・プラス
福祉施設レクリエーションアウトソーシングサービスを行っております、エブリ・プラスです!日々の忙しい業務の中で、より良いレクリエーションを提供したいと願う程、どうしても時間がかかってしまうレクリエーション。 施設の想いを形にするレクリエーションを共に目指します。

ライターリスト

  • かふぇじゃず
  • エブリ・プラス
  • 池田明代
  • 池田ユリ
  • 中村ユウコ
  • 野上聖子
  • 佐藤亜以
  • 竹内綾
PAGE TOP